美術市場におけるプライマリーとセカンダリーの違いは?

美術市場におけるプライマリーとセカンダリーの違いは?

美術の市場では、主にプライマリー(一次市場)とセカンダリー(二次市場)に大別することができます。

さて、どのような作品がそれぞれの市場で動いているのでしょうか?

プライマリーとは?

作品が世に出る最初の市場がプライマリー(一次市場)です。よって現存作家の最新作は、基本的にプライマリーから発表されます。

プライマリーを構成するのは、画廊、百貨店、アートフェア等であり、それらが展覧会を企画し作品を世に送り出していきます。

セカンダリーとは?

プライマリーで販売された作品が、購入者の手元を離れて転売され、それらが集まり売買される市場がセカンダリー(二次市場)です。

転売された多くの作品は、オークション会社を介して動いていきます。

オークションに参加するコレクター、オークションに出た作品を主に扱う画廊、オークションの動向を読む人々を交えて作品が動いています。

セカンダリーは、オークションを中心に回っていると言えるでしょう。

転売品というとイメージが悪いですが、美術品に中古という考えはありません。

世に出た時点で、プライマリーもセカンダリーも関係なく、一つの「作品」として扱われます。

いつき美術スタッフ 齋藤英哉

この記事を読んだ人におすすめ

特集

絵画コラム

一覧

サービス

  • 額縁のサポート

    作品やご自宅のインテリアに最適な額縁をご提案し、額装までトータルでサポートいたします。

  • 買取査定

    絵画や美術品の買取査定を無料でいたします。郵送や出張買取・査定も承ります。
    買取査定について

  • オークション出品代行・購入代行

    絵画や美術品専門のオークションに出品代行や購入(落札)代行も承ります。
    ※カード決済の対象外です。